業務の流れ

資料調査

業務委託により受領した土地明細書や戸籍関係書類、その他の登記関係書類に基づいて、法務局における登記権利調査や、戸籍により親族相続関係のチェックを行います。戸籍謄本類がすべて揃っているか、旧法、改正前、現行民法に照らし相続人あるいは相続分等の再確認をします。

登記簿の調査

用地買収に伴う所有権移転登記を行う場合、所有者の住所が住所移転により変更していたり、婚姻により氏名が変更していたりする場合や所有者が既に死亡していたりする場合があります。この様な場合、前提登記として所有権登記名義人表示変更、更正登記や相続登記を行います。
表題部のみの登記簿、所有者あるいは相続人の一部の生死不明、古い抵当権等がそのまま登記簿にのこっている等々を解決する為の打合せ、協力の確認等を行います。

付属書類の調整

嘱託登記に添付する付属書類のうち、土地所有者の登記承諾書や相続登記に必要とされる相続関係説明図等を作成し、買収承諾者の調査を行い報告書を作成します。 また相続分、代襲相続等の一般の人の理解を助けるために、求められれば発注者と同道し説明をなす行為も行います。
又、当事者の判断能力に高齢等で少しでも疑問を感じられる場合には成年後見登記にかかわる相談にも応じます。

登記の処理・成果物の納品

登記の処理をし、成果物を納品します

アドバイス

嘱託登記及び、その周辺に関する法的問題等について、アドバイスいたします。